群馬大学大学院医学系研究科/医学部医学科

日本語 English

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5 画像6 画像7 画像8 画像9 画像10 画像11 画像12

ホーム | ラボの人々 | 研究 | 大学院生募集 | 研究業績 | 社会貢献活動 | 沿革 | アクセス

主な研究テーマ

キーワード:低酸素、代謝、硫化水素、脂質メディエーター、慢性炎症、がん、細胞老化、DNA修復、細胞周期




(3) リン脂質分解酵素、生理活性脂質産生酵素、分解酵素の活性制御や生体機能の解明

細胞が刺激を受けると、膜のリン脂質が分解されて種々の生理活性脂質が作られます。その作用の大部分は細胞膜に存在するGタンパク質共役型受容体(GPCR)を介するもので、神経、呼吸、循環、生殖などほとんどすべての生命活動に関与しています。
我々のラボでは、リン脂質代謝及び生理活性脂質、及びDNA損傷シグナルやテロメアの機能に関する生化学的研究を行っています。 研究手法は酵素学、生化学、機器分析学(質量分析を含む)、分子生物学、細胞生物学と多岐にわたります。

なかでも、主に下記の分子の機能解析を行っています。
・アラキドン酸代謝物であるロイコトリエン
・リン脂質性メディエーターである血小板活性化因子(PAF)
・マリファナ受容体の生理的リガンドである2-アラキドノイルグリセロール (2-AG)
・血清中の主な細胞増殖因子であるリゾホスファチジン酸(LPA)

生理活性脂質は炎症・アレルギー反応・免疫疾患・神経疾患・腫瘍などの病態形成に深く関与しているため、病態の解明と新しい治療法の開発を視野に入れた研究を心がけています(和泉・立井・大日方・大嶋・鈴木・南嶋)。


ページの先頭へ移動する


群馬大学 Gunma University

〒371-8511 群馬県前橋市昭和町3-39-22
©2004-2019 Gunma University. All rights reserved.

キャンパスマップ | サイトマップ |お問い合わせ